Menu

フリーランスに必要なのはマルチタスク能力

フリーランスが苦労する点としては、仕事の募集が年中あるわけではないというところにある。一つの仕事が終わって、はい次の仕事というわけにはいかないので、ときにはまったく仕事がない時期も経験するのが普通なのだ。

そういったときにでも生活できるように、仕事がある時期にはほとんどすべて受けていかなくてはならない点が困りものだ。場合によっては数本の仕事を並行して行わなくてはならなかったりするために、マルチタスクが得意でないと厳しいものがあるかもしれない。そうしてやっと、通常の会社員と同じぐらいの給料が稼げるようになるのだ。

働き方を工夫しなければ、長く続けていくことは難しいだろう。ただ、一定の実績を残せば仕事の量は増え、さらに仕事の単価もアップするので、成功すればかなり大きな収入を得ることができるのもまた事実だ。つまり、会社員がローリスクローリターンだとすると、フリーランスというスタイルはハイリスクハイリターンな働き方だと言える。

自分の能力に自信があるのであれば、挑戦してみるのも悪く無いだろう。一定のリスクを取らなければ手に入らない名声やお金というものは、確実に存在しているのだ。ただ、最近では営業活動を本人に代わって行ってくれる専門業者も増加していて、面倒なことはすべて任せることができるのでやりやすくはなっている。税金関係のことも税理士に任せれば、本人は自分の仕事だけに専念することができるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です